いらっしゃいませ、ゲスト

「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」

メロディ

「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」

時は昭和中期。田舎から、東京郊外の本屋の旦那様の所に嫁いできた“奥さん”。しかし旦那さんはすぐに亡くなり、奥さんは本屋を一人で切り盛りすることに。商店街の人々をまきこみながら、独自の書店商売を繰り広げる奥さんの「恋物語」。

702円

作品全巻

戻る
進む
もっと見る